京都府衣料国民健康保険組合について

京都府衣料国民健康保険組合とは

正しい名称は「京都府衣料国民健康保険組合」(以下衣料国保)です。国民健康保険というと、一般的には京都市などの市町村公営の国保を指すようですが、国民健康保険法のなかで、国保を実施する団体(保険者)は市町村または国民健康保険組合(以下国保組合)と規定され、国保組合は産業分類毎に同業者が相互扶助の精神で集まり、組合組織で国民健康保険を実施する団体で、全国で162組合、被保険者数約300万人が加入し、法律上の公法人です。

衣料国保は、京都市公営国保より3年早く、昭和33年10月、京都府内で衣料品の仕立て、加工、販売等に従事する人が組織した協同組合、その他の同業団体に所属する組合員を対象に京都府知事の認可を得て設立され、国民健康保険事業を行っています。

現在、衣料関連の27団体で組織され、事業主やその家族、従業員をあわせて約2,000人が加入し、京都府内の国保組合の中でも有数の組合となっています。運営は各団体より選ばれた衣料品業者自身の手で行われ、創設以来、市町村国保より有利な国保、市町村国保より健全な経営をモットーに、加入者の健康保持増進に努めています。

概要

組合情報

名称

京都府衣料国民健康保険組合

理事長

堀内 益雄

所在地

〒604-8175 京都市中京区室町通御池下る円福寺町342番3

電話番号

075-229-3322

FAX番号

075-229-3663

交通機関

地下鉄烏丸御池駅 下車4-1出口より西へ徒歩1分
市バス・京都バス 烏丸御池 下車 西へ徒歩1分

組合情報